借入とはどういう意味なのか?

借入とは金銭や物品を借りることを意味しますが、一般的には金銭を借りることを意味します。この借入にはローンや借金も分類されています。銀行に行くと、借入とローンを使い分けていますが、通常借入という言葉を使う時には単にお金を借りるという事を指し、使用用途などが明らかになっているわけではありません。ですが、ローンというと借りたお金を使う物が決まっている、つまり使用用途を明確にしているものを指します。例えば、住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなどある程度まとまったお金が当てはまります。ですので、キャッシングなどの借主がいくら借りたか、何に使うかはっきりしないものには通常ローンという言葉は使用せず、借入と表現することが多いです。

まとめると、少額のものから多額のものまで金銭の貸し出し全体を借入と言い、その借入の中で使用用途と金額が明確かつ、ある程度まとまった金額のものをローンと言います。また、金銭を借りる行為を借入と言いますが借入にも様々な種類があり、いくつか紹介します。・手形借入手形借入とは、金銭の貸し借りに置いて、借り手側が貸し手側に借用証書ではなく、約束手形を担保にして差し入れる短期間の融資のことを言います。期日通り借入金が返済されれば、手形は返却されます。・証書借入証書借入とは、借入額や利率、返済条件などを記入した借入証書を借主が作成し、借入を行う方法です。金融機関の貸し付けはほとんどがこの方法で、企業の運転資金の調達や地方公共団体の借入などにも利用されます。・手形割引手形割引とは、記載された期日前の手形を手形割引を専門に請け負っている会社や、金融機関に買い取ってもらう事を言います。実際に支払われる金額は、金利や手数料が差し引かれた金額となります。・当座貸越当座貸越とは、あらかじめ一定の金額までなら自由に融資を受けることができるという融資枠を銀行と取り決めておき、その中で融資を受けることを言います。